最近のアクセスでわりと多いキーワードが、「コピー機 印刷機 コスト 比較」などを組み合わせたものです。

実際に導入されているお客様はどのような業種で、どのように使用しているのかをお伝えしてみようと思います。

機器ご検討の際の情報の一部としてお役に立てれば幸いです。

さて、まずコピー機複合機印刷コストですがほとんどの場合、以下の2通りかと思います。

保守キット契約
保守キット契約とは、コピー機または複合機導入の際に、保守契約付のトナーカートリッジをお買い上げいただくことで、5年間の無料出張保守(保証)が受けられる契約です。 毎月の印刷枚数が1,000枚以下で卓上の小型コピー機複合機に多い契約形態です。出力枚数が300枚を超えてくると、単価が高いのでお得とはいえなくなります。

例)
300枚⇒約6円(印字率による)×300枚=1,800円
500枚⇒約6円(印字率による)×500枚=3,000円
800枚⇒約6円(印字率による)×800枚=4,800円
※印刷面積が多ければ使用するトナーが増えるので単価が上がってしまうこともあります。レーザープリンターと同様です。

■カウンター保守契約
カウンター保守契約とは、コピー機or複合機の機器をリースやお買取で導入後に、保守メンテナンスの費用+印刷消耗品(用紙を除く)として印刷枚数×カウンター料金で計算される保守契約です。
解釈は自由ですが、消耗品無料の保守契約ともいえます。特長はトナーの使用に制限がないため、印字率の高い写真印刷やベタ塗り印刷の場合、トナー消費が多くなっても印刷コストであるカウンター料金は一定額です。
よって、印刷コストコピー機維持費用)が明確に把握できます。 ある程度の印刷枚数があれば、この契約形態の方がお安く上がります。

例)
300枚⇒約2円(印字率による)×300枚=600円
500枚⇒約2円(印字率による)×500枚=1,000円
800枚⇒約2円(印字率による)×800枚=1,600円
※一枚のコストが一定なので、コスト管理が容易です。単価が安いのである程度の枚数ならチラシ印刷の用途に使用しても負担は軽いでしょう。

印刷機の印字コスト
さて、コピー機や複合機の場合は印刷コスト=保守料金なので維持費が明確です。 対する印刷機輪転機)の印刷コストは、「インク代」と製版に使用する「マスター」の代金を使用枚数で割り算をして算出しますが、正確なところはかなり曖昧です。メーカーに確認をしたところ、上手に印字率を削減すれば文書のみのようなスカスカなものなら、0.01円程度で印刷が可能であり、チラシ用途でベタ部分が多い印刷でも0.5円見ておけば十分と教えてくれました。

例)
300枚⇒約0.5円(印字率による)×300枚=150円
500枚⇒約0.5円(印字率による)×500枚=250円
800枚⇒約0.5円(印字率による)×800枚=400円

事実、弊社のお取引先のお客様も大手スーパーや劇場、不動産会社などがありますが、消耗品のご注文は忘れたころにいただいております。

コピー機(複合機)と比べてみましょう。

印刷機輪転機
消耗品 約0.5円
モノクロコピー機(複合機)
カウンター契約 2円
コピー機(複合機)
保守キット契約 約6円
500枚 250円 1,000円 3,000円
1,000枚 500円 2,000円 6,000円
2,000枚 1,000円 4,000円 12,000円
5,000枚 2,500円 10,000円 30,000円
10,000枚 5,000円 20,000円 60,000円
15,000枚 7,500円 30,000円 90,000円

コスト削減

リース料金とあわせて、月額の維持費をイメージすると…

保守キット契約のコピー機は

大体5,000円~7,000円ですから、モノクロのカウンター契約の複合機より低コストといえるのは、1,000枚使用しないことが確定している場合ですね。

カウンター契約のコピー機や複合機は

モノクロ複合機のリース料金は4段給紙の通常モデルで、9,500円~11,000円と以外に安い。

売れ筋のカラー複合機でも10,000円、12,000円程度です。ちなみに、カウンター料金はモノクロ1.5円と1.8円とさらにお得

価格の差からも、あまりモノクロ複合機が意味を成さなくなっております。

メーカーもカラー複合機に力を注ぎ込んでいます。

対する印刷機

11,700円~13,500円とそこそこのリース料金ですから

毎月の費用と合計してかなり削減がないと導入する意味がありません。

おおよその目安は20,000枚印刷で10,000円~18,000円の削減となります。

また、リース期間すべてで考えないといけませんので

20,000枚×72ヶ月=1,440,000枚以上の印刷が見込めるなら導入価値があるということです。

導入メリットはコストだけに限ったことではないですね。

不動産のお仕事で、週末に土日で*****な物件を急遽売り出さないといけない時などは、やはり自社で印刷機が使用できると相当利便性があります。

印刷業者に頼んでもコストはもとより、翌日に届けてくれるはずもありませんね。

 

業種的にも不動産関係のお客様が9割以上を占めていることからもやはり、印刷機はコスト削減+印刷頻度(印刷枚数)が相当数確実なお客様に最大のメリットがあるようです。